alpha-photo.net

使用カメラは A-mount(SONY,KONICA MINOLTA,MINOLTA),F-mount(Nikon),EF-mount(Canon),OLYMPUS,CASIO など。

MINOLTA AF 50mm F1.4

更新日:

MINOLTA AF 50mm F1.4
撮影機材:SONY α700(DSLR-A700),SONY DT 30mm F2.8 Macro SAM(SAL30M28)

1985年2月に登場したα-7000(フィルムカメラ)と同時に登場したレンズ。

30年も前のレンズになるが、今も問題なく使用可能。

この改良版として、円形絞りとなったNewが1998年に登場し、2006年にソニー版が登場した。

MINOLTA 初代 (1985年2月)
MINOLTA New (1998年12月)
ソニー版(SAL50F14) (2006年7月)

屋外で開放(F1.4)で撮影すると、明るすぎるため、シャッタースピード1/8000sのカメラが必要。

そうでなければ、NDフィルターが必要になる。

APS-Cサイズでは75mm相当になるので使いにくいため、やはりα900(DSLR-A900)やα99(SLT-A99V)などのフルサイズ機で使いたい。

MINOLTA AF 50mm F1.4
SONY α900(DSLR-A900)とMINOLTA AF 50mm F1.4(初代)

最短撮影距離は45cmであり、あまり寄れないのが難点。

ADI調光に対応したのはソニー版からなので、ストロボ使用の撮影なら、ソニー版を選択したい。

なお、α-7000と同時に登場したレンズ(12本)には、同じ50mmであるがF値が異なるMINOLTA AF 50mm F1.7があった。

MINOLTA 初代 (1985年2月)
MINOLTA New (1990年6月)

こちらは、ソニーに引き継がれなかったようだね。

こちらも最短撮影距離が45cmであり、あまり寄れないのが難点。

現行の安価な50mmとして、SONY DT 50mm F1.8 SAM(SAL50F18)があるが、50mmとはあるがDTレンズ(APS-Cサイズ専用)なので、実質75mmとなってしまう。

α900(DSLR-A900)などのフルサイズ機に装着可能で撮影も可能だが、自動的にAPS-Cサイズにクロップされるため、結果として75mmとなってしまう。

APS-Cサイズで使うなら、SONY DT 35mm F1.8 SAM(SAL35F18)が52.5mmなので向くか。

高価でもよいなら、SONY Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM(SAL50F14Z)がある。

ツァイスなので格段に高くなるが、SSM搭載でAFは静か。

これも最短撮影距離が45cmであり、あまり寄れない。

50mmで寄りたいなら、SONY 50mm F2.8 Macro(SAL50M28)がオススメ。

最短撮影距離は20cm。

マクロレンズなので、寄れるのは当然なのだが。

Canonには、安価で有名な50mm(EF50mm F1.8 II)がある。

実売価格1万円以下であり非常に安っぽいが、こちらはフルサイズ対応だ。



ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9
新開発の有効約2420万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能。アルファに於いて「9」は最上位だが、古くなると下位機種に性能的に抜かされてしまう...
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4
有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。MK4とは「マーク4」のことだが、どこまで数字を進める気?
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。無印やRやS、そしてMK●と、正直覚えられない!
ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B
小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載、0.02秒の高速AFを実現。価格が10万円以下なので、よほど深入りしない限り、これで十分?
ソニー フルサイズデジタル一眼カメラ「α99 II」ボディ ILCA-99M2
35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最終機?コニカミノルタとの契約で、Aマウント終了!とは決して言えないので...
SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2
有効約2430万画素、79点位相差AFセンサーを搭載。筆者も使っているが、AFの高性能(速度,正確性)は名ばかりで、正直オススメはしません!
ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7
有効約2010万画素、光学8倍ズーム。α9同等の高速・AF性能を謳う、1型コンパクトカメラ。大きくかつ重い一眼は、もはや時代遅れ?
Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY 約135.8 x 98.3 x 84.4mm ブラック
新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用し、3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載。世界最速AF「0.05秒」!世界初、AF低輝度合焦限界EV-6!!
Nikon デジタル一眼レフカメラ D850
新開発の有効約4575万画素裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。堅実なニコンだが、堅実すぎて面白味は皆無?それがニコンのイイところ?

-MINOLTA AF 50mm F1.4, レンズ
-

Copyright© alpha-photo.net , 2020 All Rights Reserved.