alpha-photo.net

使用カメラは A-mount(SONY,KONICA MINOLTA,MINOLTA),F-mount(Nikon),EF-mount(Canon),OLYMPUS,CASIO など。

USB3HDCAPに付属するソフト(StreamCatcher)の画面一覧と使用レビュー

更新日:

2017年9月追記:日本語時の項目に誤りがあるようです。

関連:[USB3HDCAP] StreamCatcherの色合いと彩度の不具合 [STARTECH.COM]

-----

本投稿では、キャプチャデバイスであるUSB3HDCAPに付属するStreamCatcherというソフトの画面を示す。

USB3HDCAP

関連:USB3HDCAP(CY3014USB,STARTECH.COM)の入手とレビュー - VGA/DVIを含む多彩な入力/録画/配信が可能!

StreamCatcherを使わなくても、OBS(Open Broadcaster Software)やアマレコTV4 Liveでの表示/録画/配信(配信はOSBのみ)を確認しており、そちらの方が高機能なのだが、画質を問わない場合や、スナップショット(静止画)であれば、StreamCatcherで十分。

逆にOBSの場合は設定が面倒であり、音声の取り出し方が不明、また、相性からか絵が出ない場合がある(※)ので、カンタンに使うならStreamCatcherがオススメ。

※OSBの不安定さは、他のキャプチャデバイス(Video DVR)でも発生するので、機器ではなくOBSの問題(相性)?

なお、StreamCatcherでは録画(音声含む)とスナップショット(静止画)の確認のみであり、配信は試していない。

<メイン画面>

メイン画面_StreamCatcher

表示内容のスグ下に、その時の信号情報(解像度やフレームレート)が表示されるので便利。
画面左端の赤丸で録画開始、青渦で配信開始、単写真で静止画1枚、複写真で静止画複数枚(枚数は以下で設定可能)。

<メイン画面>スナップショットフォルダ>

静止画の保存先を設定するだけなので略。

<メイン画面>録画フォルダ>

動画の保存先を設定するだけなので略。

<録画予約>

録画予約_StreamCatcher

入力を継続している状況下で、録画を自動化する設定かと思われる。

<設定>

設定_StreamCatcher

5つの設定に分かれている。

<設定>システム設定>

設定>システム設定_StreamCatcher

日本語にも対応しているが、若干オカシナ部分が散見される。

<設定>デバイス設定>

設定>デバイス設定_StreamCatcher

ビデオソースなど、最もサワルであろう部分。

<設定>デバイス設定>ビデオ調整>

設定>デバイス設定>ビデオ調整_StreamCatcher

2017年9月追記:日本語時の項目に誤りがあるようです。

関連:[USB3HDCAP] StreamCatcherの色合いと彩度の不具合 [STARTECH.COM]

<設定>録画設定>

設定>録画設定_StreamCatcher

画面右上に「録像分辨率」などとユー、スィナ系の文字列。

QSV(Quick Sync Video)が設定できるのに注目。

関連:CPUとIntel HD Graphics,DirectX,QSV(Quick Sync Video)の関係

<設定>スナップショット設定>

設定>スナップショット設定_StreamCatcher

画像フォーマットはBMPかJPGしか選択できない(PNGは不可)。
JPGの圧縮率も設定不可能なので、画質を求めるならBMPで撮ロー。
撮影枚数とその間隔もココで設定する。

<設定>ストリーミング設定>

設定>ストリーミング設定_StreamCatcher

<プラグイン>

プラグイン_StreamCatcher

<ヨイ点>

簡素なのでカンタン。

USB3HDCAPをUSB3.0に接続し、ドライバが組み込めていれば、ホヴォ問題なくウゴクと思われる。

<悲惨杉流点>

ソフトのウィンドウが中央に固定され、移動ができないという謎杉流仕様。

サイズはウィンドウ右下の△を掴んで変えられるが、移動ができないので下に引き延ばすしかなく意味不明。

最大化すると、画面全てがStreamCatcherに覆いつくされ、タスクバーすら隠れてしまうという、ワクェの分からない仕様。

# プレビュー部分をダブルクリックすると、最大化やウィンドウ化がデキ、ウィンドウ状態だとサイズ変更と移動ができる。
# 最大化は全画面表示かつ無駄なモノがなくなるので、ゲームプレイに向く。

# ストリーミングはRTMPに対応しているが、YouTubeの場合、ストリーム名/キーを入れる部分がない。
# 「/」に続けてストリーム名/キーを入れるコトで利用可能かはシラン(SILANE)。

コルなら、OBSやアマレコTV4 Live、その他DirectShowに対応(RAW動画キャプチャ)したソフトを使おう。

関連:USB3HDCAP(CY3014USB,STARTECH.COM)の入手とレビュー - VGA/DVIを含む多彩な入力/録画/配信が可能!

関連:USB3HDCAP(CY3014USB,STARTECH.COM)のVGAで、別のパソコンを録画する

関連:HDMI出力と一眼カメラの振舞 [USB3HDCAP,α700,α900,α55,α57,D7000]



ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9
新開発の有効約2420万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能。アルファに於いて「9」は最上位だが、古くなると下位機種に性能的に抜かされてしまう...
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4
有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。MK4とは「マーク4」のことだが、どこまで数字を進める気?
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。無印やRやS、そしてMK●と、正直覚えられない!
ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B
小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載、0.02秒の高速AFを実現。価格が10万円以下なので、よほど深入りしない限り、これで十分?
ソニー フルサイズデジタル一眼カメラ「α99 II」ボディ ILCA-99M2
35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最終機?コニカミノルタとの契約で、Aマウント終了!とは決して言えないので...
SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2
有効約2430万画素、79点位相差AFセンサーを搭載。筆者も使っているが、AFの高性能(速度,正確性)は名ばかりで、正直オススメはしません!
ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7
有効約2010万画素、光学8倍ズーム。α9同等の高速・AF性能を謳う、1型コンパクトカメラ。大きくかつ重い一眼は、もはや時代遅れ?
Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY 約135.8 x 98.3 x 84.4mm ブラック
新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用し、3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載。世界最速AF「0.05秒」!世界初、AF低輝度合焦限界EV-6!!
Nikon デジタル一眼レフカメラ D850
新開発の有効約4575万画素裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。堅実なニコンだが、堅実すぎて面白味は皆無?それがニコンのイイところ?

-動画
-, , , , , , ,

Copyright© alpha-photo.net , 2020 All Rights Reserved.