alpha-photo.net

使用カメラは A-mount(SONY,KONICA MINOLTA,MINOLTA),F-mount(Nikon),EF-mount(Canon),OLYMPUS,CASIO など。

Core i7-6700+H170M Pro4(ASRock)とKA270HAbmidx(Acerの液晶モニター)の接続

更新日:

以下の投稿(新マシンの構築)に関連する内容である。

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行シチャウ件 H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からSkylakeへの移行検討 Core i7-6700K,Core i7-6700,Core i5-6500,Core i3-6300,Pentium G4500

関連:組立作業 Core i7-6700(Skylake) H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

既に書いているように、ビデオカードは載せず、Core i7-6700のGPU(Intel HD Graphics 530)を使用する。

H170M Pro4には、以下のように

バックパネル_H170M-Pro4MicroATX

・D-Sub
・DVI
・HDMI
・DisplayPort

の4つの出力がある。

現在使用している液晶モニターは、AcerのKA270HAbmidx(27型)であるが、入力は

端子類(右)_KA270HAbmidx

・D-Sub
・DVI
・HDMI

の3つがある。

DisplayPort以外のドレで接続しても構わないのだが、アナログであるD-Subは避けるとすると、DVIかHDMIのイズレか。

私の環境では、KA270HAbmidxにサブマシンも接続しているので、接続は以下の通り。

・新マシン-(HDMI)-KA270HAbmidx
・サブマシン-(DVI)-KA270HAbmidx

両方起動している場合での切り替えだが、電源ボタンの一つ左のボタンを2回押せば、入力が切り替わる。

ボタン群_KA270HAbmidx

入力がない場合はスルーされるので、接続のないD-Subで止まるコトはナイ。

入力は自動検知なので、両方起動している場合でサブマシンを表示していて、サブマシンの電源を切ると、ソレを検知して自動的に新マシンの表示に切り替わる。

物理ボタンを2回連打するだけで切り替えられるのが便利であり、メニューに入ってゴティアゴティア切り替える必要はない。

なお、メニュー内では、D-Sub、DVI(VGA)、HDMIを任意に選択することもできる。

KA270HAbmidxの内蔵スピーカーはショボ杉流上に、アナログ(3.5mmステレオピン)で音を入れてヘッドホン端子から音を出すとプァティな音に劣化されるので、音はこのモニターを一切通さない方がエー。

PC本体にヘッドホンをツナグか、外付けのスピーカーを購入し接続しよう。

なお、液晶モニターが4Kの場合、H170M Pro4のHDMIは2.0ではないので、映せるが、リフレッシュレートが30Hz以下となってしまう。

<H170M Pro4の最大解像度>

・D-Sub:1920x1200@60Hz
・DVI-D:1920x1200@60Hz
・HDMI:4K×2K(4096x2160)@24Hz / 3840x2160@30Hz
・DisplayPort(1.2):4K×2K(4096x2304)@60Hz

事務用途なら問題ないだろうが、普通は60Hz以上で使うモノなので、ゲームや動画となると、カクツキが気になるだろう。

リフレッシュレート

リフレッシュレートは変更できるので、現在の環境で意図的に60Hz→30Hzに下げて、どんな感じか確認するとよい。

表示が半分になるので、60pの動画を見ても30pとなるし、60fpsのゲームも30fpsとなってしまう。

30Hz以下になるのを避けるには、DisplayPortで接続すると、4Kでも60Hzで表示できる(H170M Pro4の場合)。

現在は4Kモニターでなくても、追加投資ナシで、今後4Kモニターを使う可能性に備えられる、コレがH170M Pro4利点ヌァノだ。

ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4

# ATX版のH170 Pro4にはDisplayPortがナイから気を付けて!

4Kモニターも5万円程度で買えるようになっており、今後さらに安くなるだろう。

私は文字が小些杉流ので目下4Kにするツモリはないが、4Kを使い出すとフルHDナズォ荒杉手見てられないとユワレル。

2000万画素を超えるデジタルカメラは普通だし、ゲームも動画も解像度が上がっている。

慾(ョクァ)のある読者諸氏には、ドット感のないミティの世界へ、是非進んでほしい。

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行シチャウ件 H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からSkylakeへの移行検討 Core i7-6700K,Core i7-6700,Core i5-6500,Core i3-6300,Pentium G4500

関連:組立作業 Core i7-6700(Skylake) H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:KA270HAbmidx(Acerの27型液晶モニター)を入手 レビュー①

関連:KA270HAbmidxの問題点 購入後しばらく使ってみたレビュー②

関連:KA270HAbmidxの色調整など 購入後しばらく使ってみたレビュー③

関連:KA270HAbmidxのレビュー④ 24型との共存構成とか(Dualモニター)

関連:KA270HAbmidx(27型液晶モニター)のICCプロファイルを探す



ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9
新開発の有効約2420万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能。アルファに於いて「9」は最上位だが、古くなると下位機種に性能的に抜かされてしまう...
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4
有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。MK4とは「マーク4」のことだが、どこまで数字を進める気?
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。無印やRやS、そしてMK●と、正直覚えられない!
ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B
小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載、0.02秒の高速AFを実現。価格が10万円以下なので、よほど深入りしない限り、これで十分?
ソニー フルサイズデジタル一眼カメラ「α99 II」ボディ ILCA-99M2
35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最終機?コニカミノルタとの契約で、Aマウント終了!とは決して言えないので...
SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2
有効約2430万画素、79点位相差AFセンサーを搭載。筆者も使っているが、AFの高性能(速度,正確性)は名ばかりで、正直オススメはしません!
ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7
有効約2010万画素、光学8倍ズーム。α9同等の高速・AF性能を謳う、1型コンパクトカメラ。大きくかつ重い一眼は、もはや時代遅れ?
Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY 約135.8 x 98.3 x 84.4mm ブラック
新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用し、3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載。世界最速AF「0.05秒」!世界初、AF低輝度合焦限界EV-6!!
Nikon デジタル一眼レフカメラ D850
新開発の有効約4575万画素裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。堅実なニコンだが、堅実すぎて面白味は皆無?それがニコンのイイところ?

-KA270HAbmidx, コンピュータ, 液晶モニター
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© alpha-photo.net , 2020 All Rights Reserved.