alpha-photo.net

使用カメラは A-mount(SONY,KONICA MINOLTA,MINOLTA),F-mount(Nikon),EF-mount(Canon),OLYMPUS,CASIO など。

[Windows10] ミラーの片方に障害発生!新ミラーを構築しデータを移行する作業に着手 [ソフトウェアRAID]

更新日:

Windows10のソフトウェアRAIDでミラーリングを組んでいた(Dドライブ)の様子がオカしい。

Dドライブ内にあるテキストデータを上書きしようとすると、フリーズ状態になる。

テンドェ、構成するHDDのS.M.A.R.T.を調べると、

ST2000DL003_SMART

・05:代替処理済のセクタ数
・C5:代替処理保留中のセクタ数
・C6:回復不可能セクタ数

にエラーが認められ、ディスクの管理で見ると真ッ白で開かない始末wwwww

真ッ白_ディスクの管理

片方がイッたのヌェ。

# S.M.A.R.T.がオカシイのは少し前に気付いてタンだが、その時はC5,C6のみがヘンで、05は問題なかった。
# 気付いてタンならソクザに手を打てよ>自分

ディスクの管理でしばらく放置すると開き、以下のように片方がエラー、もう片方が「冗長の失敗」となってる。

エラー_冗長の失敗_ディスクの管理

幸い片方は生き残ってるので(てかソレがミラーだw)、仕事を中断して対処するコトに。

このミラー群(海門のST2000DL003,2TB)は過去にも同様のスィヴォーで相方を変えており、もう新規の相方がない状況(予備を使い切った)。

なので、スィタイを除去し新人を追加するのではなく、新規の3TB×2台(別用途の予備)で新ミラーを組み、データを移行するコトにした。

異常のあるディスクを除去する。

コイツがあるとミラーを再構築シヨーとしフリーズシチマウため。

未割当てのディスク2個を内蔵(SATA)で取り付ける。

ミラー(RAID1)を組む。

旧ミラーの片肺ディスクからデータを新ミラーへCOPYする。

旧ミラーのドライブレターを他へ変える。

新ミラーのドライブレターを旧ミラーに合わせる。

という流れ。

<ミラー構築の流れ>

↓右クリックで新しいミラーボリュームを選択。

新しいミラーボリューム

↓次へ

新しいミラーボリュームウィザードの開始

↓相方を選択、追加し、次へ。

利用可能なディスク

↓ドライブ文字を選択し、次へ。

ドライブ文字の割り当て

↓ボリュームラベルを決め、クイックフォーマットで次へ。
クイックフォーマットでないと悲惨杉流膨大な時間がカカるので注意。

ボリュームラベル

↓完了をクリック

完了

↓このミラーは起動ドライブではないので「はい」でススメル。

ダイナミックディスクに変換

↓3TBのミラーがデキた。

3TBのミラー

この後、片肺からデータをモッテくる。

最初は片肺ディスクをUSB接続で付けたのだが、「無効」となりデータが読めないので、

ダイナミック_無効

内蔵(SATA接続)である、ミラーに関係ないディスクを一時的の取り外し、ソコに接続することで認識させた。

その状態は以下。

不足

「不足」となっているグァ、ディスクを除去シテアルから当然である。

除去しておかないと、オカシーのに強引に組んでデュオ(スィグォ)を組もうとし、フリーズシチマウ。

テクァ、片肺状態のミラーはUSB接続(とユーカミラー時とは異なる接続)では認識しないの?

それヂぁー、ソフトウェアRAIDの意味ないぢャン!

ミラーの片方は、どのような接続方法であれ、単体で認識されないと意味がないンダグァ?

ソシて、そのような作業をシテルうちに、Windowsが起動しない(グールグルッタルァグールグルby幾三)という、ワケの分からない状況にwwwww

起動ドライブはミラーにナンルァ関係ないSSD単体なので起動しないとか意味が分からないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ソシて複数回起動に失敗すると、修復メニューのようなモノに勝手に入る始末wwwww

グールグルッタルァグールグル状態で放置すると起動したけど、ワケが分からないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ゴティアゴティアいヂってるウティに残った片肺もスィヴォーシてデータ全消失!てなコトになると悲惨杉流ンで厳重注意なwwwww

新ミラー完了後、2TBのデータを移行するので、結構な時間を要する。

データを移し終え、ドライブレターを適切に設定(セヤナイとパスが変わってシマう)したら、シャットダウンし、片肺を除去して起動する。

旧ミラーを全て取り外しても、ディスクの管理には以下のように「不足」として残るので、

不足×2

これを削除(右クリック>ミラーの削除)する。

ミラーの削除

不足が4つあるが、これらは旧ミラーの残骸でしかない(新設した3TBのミラーとは関係ない)ので、全部削除して構わない。

途中でミラーの削除が選択できない場合は、右クリック>ボリュームの削除を行い、残骸ドゥモを削除する。

さらに、データを全て移し終えた片肺ディスクについて。

上述のように、USB接続すると「無効」となり使えないので、右クリック>ベーシックディスクに変換を選ぶと、「未割り当て」になるので、再利用するなど。

当然、片肺の相方(異常のある方)は使うヴェクィではないのはユーマデもナイ。

テストとして異常のある方をUSB接続すると、同様に「無効」として認識されたが、右クリック>ベーシックディスクに変換を選ぶと、

セマフォがタイムアウトしました

セマフォがタイムアウトしました」とユーワケの分からないエラーが出て何もデキなかった。

海門のST2000DL003、急スィ率が高い。

WDのはS.M.A.R.T.に異常が出てもネヴァルが、海門は出たらスグスィヌようだ。

異音を伴うクラッシュで重要度中のデータを全て失った以前の件も海門だし、海門は信用できない。

同様にアヴェも信用できないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

グァ、新ミラーの3TBも海門という罠wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

関連:海門の1TB(ST31000524AS)が突然の異音でスィヴォーwwwww

スァーて、コレで手持ちの大容量ディスクが全部なくなったズォw

WDの青アタリでも買(コー)とくかw

1GBあたりの価格で調べると3GBが最安ダグァ、その程度の容量ゴトキで最安とは、近年のハードディスクの容量のノヴィが鈍化していることを示している。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP/SATA3.0/2年6ヶ月保証

動画を扱いだすと、3TBナンヅォ小皿のようなモンだ。

関連:ウエスタンデジタル(WD,Western Digital)のハードディスクの色の違いと意味、選択方法 [青(Blue),緑(Green),黒(Black),赤(Red),紫(Purple),金(Gold)]



ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9
新開発の有効約2420万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能。アルファに於いて「9」は最上位だが、古くなると下位機種に性能的に抜かされてしまう...
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4
有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。MK4とは「マーク4」のことだが、どこまで数字を進める気?
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。無印やRやS、そしてMK●と、正直覚えられない!
ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B
小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載、0.02秒の高速AFを実現。価格が10万円以下なので、よほど深入りしない限り、これで十分?
ソニー フルサイズデジタル一眼カメラ「α99 II」ボディ ILCA-99M2
35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最終機?コニカミノルタとの契約で、Aマウント終了!とは決して言えないので...
SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2
有効約2430万画素、79点位相差AFセンサーを搭載。筆者も使っているが、AFの高性能(速度,正確性)は名ばかりで、正直オススメはしません!
ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7
有効約2010万画素、光学8倍ズーム。α9同等の高速・AF性能を謳う、1型コンパクトカメラ。大きくかつ重い一眼は、もはや時代遅れ?
Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY 約135.8 x 98.3 x 84.4mm ブラック
新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用し、3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載。世界最速AF「0.05秒」!世界初、AF低輝度合焦限界EV-6!!
Nikon デジタル一眼レフカメラ D850
新開発の有効約4575万画素裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。堅実なニコンだが、堅実すぎて面白味は皆無?それがニコンのイイところ?

-コンピュータ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© alpha-photo.net , 2019 All Rights Reserved.