使用カメラは A-mount(SONY,KONICA MINOLTA,MINOLTA),F-mount(Nikon),EF-mount(Canon),OLYMPUS,CASIO など。

alpha-photo.net

SONY α77II(ILCA-77M2)

[α77II] スマートテレコンバーター使用時の注意点 [操作不能]

更新日:

スポンサーリンク

SONY α77II(ILCA-77M2)のBODY内でのズーム処理には、以下の4種類がある。

・スマートテレコンバーター:スマートズームの1.4倍、2倍を用意したもの。
・スマートズーム:解像度を下げることによりズームする(=クロップ)。1.1~2.0倍まで0.1倍刻みで設定可能。
・全画素超解像ズーム:解像度を下げずにズームする。デジタルズームの一種であるが、全画素を解析するSONYの技術により、画質の低下を抑えられる。
・デジタルズーム:文字通りのズームであり、画質の低下が大きい。

デフォルトの状態では□ボタンにスマートテレコンバーターが割り当てられている。

スマートテレコンバーター撮影機材:SONY α77II(ILCA-77M2),MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8

これを押すと、1.4倍→2倍→無効→1.4倍→2倍...と切り替わる。

解像度は落ちるが、瞬時にズームできるのは便利。

だが、注意点がある。

連写するなどしてSDカードに書き込んでいる間にスマートテレコンバーターを切り替える(OFFも含む)と、しばらくフリーズし、シャッターが切れなくなる。

ここでいう「フリーズ」というのは、対象は見えているが、操作を受け付けない状態。

操作を受け付けないので、シャッターも切ることができない。

やはりパソコンなんですよ、コレは。

関連:SONYのデジタル一眼が動作緩慢(遅い)な理由 - Linuxの採用

航空機の場合、距離が遠いのでスマートテレコンバーターを使うことがあるが、接近してきて引く場合に注意が必要。

スマートテレコンバーターを切ると、フリーズしてしまい、撮影機会を逃す。

レンズのズームで引く分にはフリーズしないが、スマートテレコンバーターがONなので、解像度は低いままとなる。

航空機が対象だと連写を使うので、SDカードへの書き込みが発生していることが多く、これは危険だ。

関連:SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM(SAL70300G)と70-300mm F4.5-5.6 G SSM II(SAL70300G2)の比較


SONY 望遠ズームレンズ 70-300mm F4.5-5.6 G SSM  フルサイズ対応
SONY 望遠ズームレンズ 70-300mm F4.5-5.6 G SSM フルサイズ対応

スポンサーリンク
posted on alpha-photo.net at 15.01.17
ソニー (2008-03-28)
売り上げランキング: 78,447




スポンサーリンク

apn@468x15_2017/02/08

kanren


alpha-photo.net@336x280


アマゾン(家電,カメラ,AV)


apn@468x15_2017/02/08

kanren


alpha-photo.net@336x280


アマゾン(家電,カメラ,AV)


-SONY, α77II(ILCA-77M2)
-, , , , ,

Copyright © 2017 alpha-photo.net All Rights Reserved.