使用カメラは A-mount(SONY,KONICA MINOLTA,MINOLTA),F-mount(Nikon),EF-mount(Canon),OLYMPUS,CASIO など。

alpha-photo.net

SONY α700(DSLR-A700) カメラ本体

SONY α700(DSLR-A700) [APS-C,CMOS,1224万画素]

更新日:

スポンサーリンク

SONY α700(DSLR-A700)
撮影機材:KONICA MINOLTA αSweet DIGITAL,MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8

SONY α700(DSLR-A700)は、2007年11月9日に発売された。

ソニーAマウントカメラの、初の中級機。

コニカミノルタは2006年3月末でフォト事業から撤退、ソニーに引き継がれた。

引継ぎ後初のソニー一眼は、α100(DSLR-A100)であったが、これはエントリーモデル。

ということで、その翌年に発売されたα700(DSLR-A700)が、初の中級機となる。

撮像素子はAPS-Cサイズ。

有効画素数は約1224万画素。

連写速度は、秒間5コマ。

ソニーの音響部門と作り上げたという「シャキッ!」というシャッター音が秀逸。

関連:[最高約5コマ/秒] α700(DSLR-A700)のシャッター音 [ソニーの音響開発チームが協力]

↑の高音質版が、以下。

スポンサーリンク

シャッター後の金属風の残響音が聞こえるだろうか?

記録メディアはコンパクトフラッシュ(CF)。

UDMA5に対応しているので、それよりも高速なコンパクトフラッシュを使用すれば、RAW撮りでも快適に使える。

関連:コンパクトフラッシュの速度とUDMA対応状況 α700,α900,EOS 7D Mark II

バッテリーはNP-FM500Hであり、ソニーのAマウントカメラと広く同じ。

α77II(ILCA-77M2),α57(SLT-A57),α900(DSLR-A900)を所有しているが、これらと共通で使える。

ライブビューなし、固定液晶、動画撮影不可であり、今となっては時代遅れのカメラだが、α77II(ILCA-77M2)を持った現在に於いても、慣れた操作性と明るい光学ファインダー、心地よいシャッター音で、今も現役。

DT 30mm F2.8 Macro SAM(SAL30M28)を装着し、ブログ用のブツ撮りカメラとして活躍中。

スポンサーリンク

apn@468x15_2017/02/08

kanren


alpha-photo.net@336x280


アマゾン(家電,カメラ,AV)


apn@468x15_2017/02/08

kanren


alpha-photo.net@336x280


アマゾン(家電,カメラ,AV)


-SONY, α700(DSLR-A700), カメラ本体

Copyright © 2017 alpha-photo.net All Rights Reserved.